menu

目白バースハウス(目白助産所)

動画を見る

【真紀さんの場合】

ぜぇ~んぶ おにいちゃんといっしょがよかったのー♪

2009年8月29日 AM 0:40 第2子 ♀チャプ(仮名)出産

 1人目、兄 明紀をバースハウスで出産させていただき、2人目も絶対にバースハウスで…という思いが叶い、幸せです!! 退院前夜、娘の寝息をききつつ「この子の生まれてくる経過にはお兄ちゃんと同じところが多かったなー」と「夜のおにぎり」をほおばりながら振り返っています。

いっしょその1「逆子」
 兄の時も、仕事の引継ぎetcであわただしい産休入り前に逆子になったのですが、チャプの時もやはり同じような時期に逆子に。ヒーリングゆぅ通い&家でのお灸の日々。産休入り目前には頭を下にしてくれホッ…でした(藤田先生お世話になりましたー)。兄も「♪あたま下だよ~ 冷たいジュースはさかさま~ あったかいごはんは大丈夫~♪」とウクレレ片手に逆子ソング!?を聞かせてくれました。おかげでなおったヨー ありがとう。

いっしょその2「予定日超え」(兄は5日、チャプは6日)
 周りの出産経験者が「2人目は早く生まれてくるわよー」とか、「そろそろだねー」のメールが次々に来たり、兄の幼稚園の送迎時に「アレ?予定日いつだっけ?」と聞かれ、気持ちは何度も焦りましが、ふと気付けば、お産が始まった日は、兄の保育園の「プールじまい」の日。妊娠間もない頃、兄に「チャプはいつ生まれてくるの?」と聞かれ、「そうね~ 明紀がプールにいっぱい入ったら生まれるよー」と自分で言ってたから、ちゃとチャプが聞いていて待っててくれたのかも?ゴメンネー その分2人でお散歩もたくさんできたし、期日前投票もできたし、なぜか圧力鍋も買っちゃったし(笑)「待つ」ことの難しさを学びました。

いっしょ その3「破水」
 兄の時も、前期破水から始まり、なかなか陣痛が来なくてあやうく病院出産になりそうだった中、ギリギリで陣痛が来てバースハウスで産めたヒヤヒヤ体験をしたので、冷え対策は念入りにしていたのですが。

出産日前日、長橋HPにて「カツ」を入れてもらいに。あとはご飯を食べてたくさん歩いてくださ~いとのことで、はり切ってサンシャイン60階段で…それなのにたいしておなかも張らず、チャプもマイペースにプニョプニョ動くのみ…とりあえず再度バースハウスにTelし、そういえば当てていたパッドに汗?にしては量が多いような…ということを伝えると「お兄ちゃんの迎え後、すぐにバースハウスへ」といわれ、調べてもらうと「破水ですね…」ガーン

いっしょその4「酉松のうな重」
ひとまず父にも来てもらい、状況を話す。気付けば夕食の時間。もうこうなったら兄の時にイイ陣痛付けになったうな重が食べたい!!と家族そろって「酉松」へ。3年ぶりに懐かしの味をガッツリほおばる。お店のおかみさんに「今夜(出産)ですか?」ときかれ「ハイッ!!」と決意したように答えた私。とりあえず、兄と父に一度帰宅してもらい、バースハウスへ。このまま横になったら生まれなくなる気がして、近くをひたすら歩くことにする。

いっしょその5「あきらめない!!」
その夜は月が出ていて、バースハウス付近の坂をのぼり「キレイだね~。チャプにも見せてあげたいから出ておいでー」とか、おなかに痛みらしきものを感じてくると「うわ~チャプ、すっごい上手ー おりこうさんだね~」etcとブツブツいいながら歩きまくる。人が少ない夜でヨカッター。昼間だったら「アヤシイ妊娠」として救急車に乗せられちゃったかも。

そうこうしているうちに待ってました!陣痛到来♪分娩開始。やはり痛い。でもうれしい~(嶋田さんの「陣痛は最後まで間に休みくれるからねー」の励ましで最後まで頑張れました。ありがとうございます!)お産がすすんできたタイミングを見計らって家族に「来て~」とTel。「赤ちゃんうまれるの見たい」と楽しみにしていた兄もパッと起き、タクシーで駆けつけてくれました。到着後まもなくあたまが「ニュルッ」と。今回はその感触もしっかり体感でき感動!! へその緒も兄と父で切ってくれ、心から満足のいくお産となりました。

出産はこちらの思った経過をたどるとは限らない。だけど最後まであきらめなくてよかったと改めて悟った母でした。

出産に関してはもちろん、検診のたびにぶっとんだ兄の振る舞いもあたたかく見守ってくださった星野院長。「大丈夫!今日の夜、ちゃんと陣痛来ますよ~」と当日介助もしてくださった嶋田さん、やさし~くおなかのチャプに話しかけてくれ、いろいろアドバイスもしていただいた橋爪さん、うまれてきたチャプにたくさん「かわいい」と声をかけてもらったり、こちらの思いもたくさん受け止めていただた越川さん。「毎回おいし~い食事を作ってくださった食事スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。ずーっと忘れません。

そしていつもやさしくおなかに話しかけてくれたお兄ちゃん、入院中の家のことやお兄ちゃんのお世話etc…一手に引き受けてくれたお父さん(毎晩お灸もありがとう)にも感謝感謝これから4人家族だね。一緒にたのしもう!!

****************
兄にたちあいの感想をインタビュー
「おかあさんが ハッハッハッってしてたけど、うるさいって言わなかったよ」「赤ちゃんのあたまがでてきたところがおもしろかった」「おかあさんイルカみたいだった」