menu

目白バースハウス(目白助産所)

動画を見る

【・・・】

第2子出産

目白バースハウスの皆さん本当に本当にありがとうございました。
1人目も2人目も不妊治療のすえにやっと授かりました。命のキセキを痛いほどしっています。1人目の時にはなんとなく病院しか頭にありませんでした。


あれから6年、時々都電の中で見かける目白バースハウスのポスターを見てはもう一度生めるのかなー、とただただ治療の日々。
ようやく授かった子は、何度とAIHを繰り返したのに、結局自然妊娠でした。そして新しい家族を家族で迎えたい、生む力、生まれてくる力を感じてみたい、そんな思いで、こちらを見学しました。


厳しい食事制限やあたため、全て良いお産のためだけど、自分に甘い私はには守れないとだんなさんは最初反対していました。
自分なりに気を付けたけれど、後期に入ってもアイスを食べてしまったり、自転車に乗ったり「そのタイツは薄い」「首に何か巻いて」と良く高田さんにおこられました。高田さんありがとう。そんな不良妊婦気味だった私も、沢山の質問を全てわかりやすく、全て意味のあることだと丁寧に教えてくれた井上さん、星野先生、本当に出会えて良かったです。病院で生んでいたら知らなかったことが山ほどあり、お産に向けて少しずつ心とカラダの準備ができました。楽しいお産!!を体験したかったけれど、決して楽しいとは言えず、痛かったけど、100%。120%楽しいお産!!になりました。こんなに痛みがなく、Babyと接して元気な産後は想像していませんでした。


お産は突然やってきた!前日の健診でもう少しかかるかなーって事だったし、予定日まであと10日あったし。でもガンガン歩いて絶対目白バースハウスで産むんだ!11月2日頃ねって話しかけてました。10月31日朝4時30分、何かパジャマがぬれてる!!破水かおしるしかわからずバースハウスにTEL「様子見ましょう」高田さんの声に少し安心。でもその後不規則な痛み、続くおしるし?結局12時20分頃10分間隔へ。こちらについたのは、家族3人で2時過ぎ。内診後、まだかな~、でも入院。高田さんが9時頃満潮だからその波かなって、本当かな~?


そしてなんと4分間隔の陣痛中、気がまぎれるからいいよ、との事で鬼子母神へお散歩へ。1人目だったら考えられないけれど最後のお参りを家族3人でできました。そしてずーっとついていてくれて、痛みをさっし、腰をさすってくれた井上さん、どれだけ頼りになったかしれません。お産が始まると恐ろしい痛みが(私の不摂生や、尾骨FXがおおいに関係していると思う)それでもBabyのタイミングを待ち、会陰がのびるように冷静に対応してくれました、もうすでに冷静でない私をどこまでもサポートしてくれました。あとからだんなさんが「本当に助産師ってすごいね。すべてわかっているから余裕なんだね。って言ってました。「赤ちゃんは出たい時、必ず出てくる。準備ができれば出てくる」
出産前は「こわいなー」と繰り返す私を、何度となくはげましてくれました。
ものすごく痛かったけれど、今回1人目の時とは違う感情もありました。
1人目の時は自分の事でいっぱいにだったし、早く痛みから解放されたかった。でも今回は自分の痛みもしんどいけれど、赤ちゃんもしんどい、今頑張っているんだ!!って少しだけ考えられました。それは多分3回目のバースクラスで赤ちゃんがどうやって骨盤を通ってくるのか、丁寧に教えてもらったから。お産の最中にその解剖図が頭をよぎりました。6歳の長男も一緒に頑張りました。うろうろして、意味不明な質問を井上さんにするにも拘わらず、一つ一つ答えてくれました。ビデオに映った長男と井上さんの会話の様子は私の宝物です。そしてだんなさん2時から9時まで腰をさすり続けたね。


本当にありがとう。新しい家族を家族で迎えられた事、一生の一瞬しかない時間を家族で過ごせたこと、本当にここでお産が出来て良かったです。
そして何より美味しい食事に、人生が少し変わりそうです。出し作りから始めよう!!